BLACKSPOT ヒトリあそび

BLACKSPOTとはTomoのソロ音楽プロジェクト。ここでは、BLACKSPOTの活動状況、レコーディング状況、Tomoのただのヒトリゴト、などを公開しています。BLACKSPOT Official Home Pageにて楽曲試聴可能。

2007年10月

いやぁ~、よかったねぇ。
やっぱブルースは最高☆

そーです、行ってきましたBlue Chicago!!

こんなステージっす。
こじんまりしてるところですが、雰囲気が最高♪
音調整してるこの渋いおっちゃんの姿もかっくいい!!

そして、

演奏開始
もう言葉で表せないです・・・
凄すぎる、この演奏
この人達一体何者?!って感じ。
マジで音の一つ一つもスゴイけど、
バンド全体としての一体感が快感
噂によるとこの後ろにドッシリ座ってるドラマーは
バディ・ガイのバンドで叩いたことがあるとか・・・。
どんなメンバーよ!!!

始まってしばらくすると、

客だと思ってたデカイおばちゃんが・・・乱入
と思いきや、この人実はバンドのメンバー。
そして、ただデカイだけじゃねぇ~。
この歌声タダモノじゃねぇ~~~~、うめぇぇぇ~~~

とにかくメチャメチャ感動モンの演奏でした
いやぁ~、良いモノ観たよぉ~~
益々ブルース大好きになるさぁ~☆

絶対また行くぞ、Blue Chicago!!!

ふぃ~、今週もまだ月曜で始まったばかりというのに、
なんか、気分がのりきらないなぁ~

って、オイ、そうだった、
昨日は日曜だっつーのに仕事してたんだっけ

っていうか、今日も朝6時半から仕事してたんだっけ

ったく、サービス残業ですわ。
そりゃ、バテ気味なわけだ。

っつーか、報われねぇ感タップリですわ・・・

これ以上の詳細はやめとく。
書き出したら止まらなくなりそうだし。
久々の愚痴ですわ

ま、そんな日もあるべ。
よっしゃ、気分入れ替えて、
また今週もがんばろ~~~~~

P.S.
もう少し落ち着いたらレコ再開するぞ

さーて、昨夜は行ってきましたよぉ~~~
そう、待望のMaroon5のライブ

今回の会場はPalace Of Aurburn Hills。
ここは言わずと知れたNBA(プロバスケ)の
デトロイト・Pistonsの本拠地ですの
でも、よくライブ会場としても使われているライブ定番の場所です。
屋内で、昨夜は音響もかなりよかった☆

まずはオープニング・アクト。
今回は2組いたんだよね。

最初は、Sara Bareillesっていう人。
この人はいい
メロウな曲のKeyboard弾きで、とにかく歌が上手い!!!
ライブ後、思わずこの人のCDを購入してしまったよ
オススメでございます。

もう一組はThe Hivesっていうバンド。
こっちはスウェーデン?出身の勢いがあるロックバンド。
パフォーマンスは確かに面白かった。
ヘンテコなスーツ姿、異様な動き、盛り上がったさ。
でも、歌が下手すぎる!!
まぁ、勢いバンドだからこういうスタイルなんだろうけど、
曲調も単調だったし、俺としてはあまり好きではなかったなぁ。

そして、お待ちかね、ヘッドライナーのMaroon5
いやぁ~、この人達はマジで上手い、上手すぎる
IF I NEVER SEE YOUR FACE AGAIN
から始まって、
MAKES ME WONDER
WAKE UP CALL
CAN’T STOP
など2ndアルバム中心の構成でスタート。
そして、
SHE WILL BE LOVED
THE SUN
HARDER TO BREATHE
など1stアルバムの曲も織り交ぜながらの展開
さらに、
LITTLE OF YOUR TIME
WON’T GO HOME WITHOUT YOU
そして、なんと言っても圧巻はやはり
SUNDAY MORNING
この曲のライブはマジで最高
ボーカルAdamの声が透き通るような美しさ
マジで惹きこまれる歌声とはまさにこのことだよ☆
そして極めつけの
THIS LOVE
俺はこの曲でMaroon5を知って好きになったんだよねぇ。
ホントいい曲だよ♪
アンコールでは、
BACK AT YOUR DOOR
SWEETEST GOOD BYE
大盛り上がりのうちに幕は閉じました

それにしても、Maroon5はバンドとしてすごく成長してる感じ。
前回のライブもかなりよかったけど、
今回のライブは演奏もかなりグレードアップしてて、
特にAdamのパフォーマンスは凄くよかった。
本当に心から音を楽しんでる感じが伝わってきたよ☆

ホント、いい曲をたくさん生み出してるね。
アルバムもいいけど、ライブで聴く方が数段いいよ。
そういうバンドはやっぱり最高
次回も絶対行くぞ!!

↑このページのトップヘ