はーい、またまた行ってきました、ライブへ

今回はデトロイト ダウンタウンにある
Majestic Theaterっていうところで、
GALACTICを観てきましたぁ~

GALACTICはルイジアナ州ニューオリンズ出身の
Jazz-Funk-Rock Fusionバンド
構成はドラム、ベース、ギター、キーボード、
そしてサックス兼ブルースハープって感じ。
かなり歯切れがよいファンクなバンド

俺は基本的にロックやポップのライブにはちょこちょこ行くけど、
ファンクとかフュージョン系のライブに行くのは稀。
でも、今回のGALACTICは
知り合いで音楽好きのKeithさんの一押しバンド
で、CDとか聴かせてもらって、俺もかなり虜となりました☆

ライブもかなりカッコイイよ!って聞いたので、
Keithが言うのなら間違いない!!っと。
それでソッコウ観に行くこと決定

Majesticへ行くのは実は意外にも今回が初
前から気になっていたので、いい機会だった。
端の方にバーカウンターがあって、
飲み物がオーダーできるようになってて、
あとは基本は立ち見。
そんなに大きくはないんだけど、天井が高くて、微妙にゴシック風。
年期が入ってるけど、雰囲気がカッコイイ場所だね。

そしてGALACTIC
いいね。最高だったね
もともとJazzとかすごく好きなんだけど、
このファンキーなリズムと
かっこいいサックスの音色がたまらない
もう10年以上もライブをやり続けてるってこともあって、
バンドの安定感も最高でしたよ。
ドラムとベースの息がピッタリあって、
気持ちいいリズムを刻み、
そこにカッコイイギターのカッティング、
そして背後だけど存在感のあるキーボード、
その上で自在に音をのせるサックス
まさにFunkのJAMセッションみたいな感じで、
バンド間でのやりとりが観ていて最高に楽しかった

極めつけはアンコールの最終曲でのドラムソロ!!!!!
これはもう言葉で言い表せないくらいの
最高のドラミングだったね
周りのバンドメンバーがドラムキットを
一つずつ減らしていくんだけど、
最後はスネアとハイハットとバスドラだけになっても、
叩き始めとソロの勢いや音数が変わらない
永遠の凄まじいビートとテクを駆使したフィル
ホント圧巻でした

これからも機会があれば
もっとJazzやFunkのライブにも行きたいなぁって
そんな風に感じさせてくれたライブでした☆