オレってモノを大切にする人なのよ。
ってことで、今回は目覚まし時計の話。

黒とシルバーの四角い時計なんだけどさぁ、
両親からの贈り物でもあったものなんだけどね、
約25年くらい使ってきた時計なんだよね。
大事に大事に使っていた特別な時計だったんだよね。
毎朝オレを起こしてくれた時計なの。

ずーっと一緒にオレの傍らにいて、
ずーっとオレを起こしてくれた時計なの。

日本からアメリカきて、何度も引越しもして、
いい時もいやな時も、晴れの日も雨の日も、
いつでもオレを起こしてくれた時計なの。

そんなオレの相棒が、
ついにタイムオーバーになっちまったんだよね

こんなに愛着ある目覚まし時計って
もう出会うこともないかなって思う。
オレにとってはそれくらい大切な目覚まし時計だったんだよね。

一つ残念だったのは、
最後に写真をとることもできなかったってことかな。

いままでオレのそばで、
オレを起こし続けてくれて本当にありがとう