BLACKSPOT ヒトリあそび

BLACKSPOTとはTomoのソロ音楽プロジェクト。ここでは、BLACKSPOTの活動状況、レコーディング状況、Tomoのただのヒトリゴト、などを公開しています。BLACKSPOT Official Home Pageにて楽曲試聴可能。

カテゴリ: コンサート

この時期になるとコンサートです!
052124 concert
このメンバーで演奏するのは今シーズンが最後だね。
とても楽しい演奏だったよ♪

こういうのを観るとホント感激するよ。
ありがとう

行ってきましたよぉ~~☆
042024-black crowes live1
The Back Crowesのライブ
Happiness Bastards Tour
今回はダウンタウンデトロイトにある
The Fillmoreシアターだったよ!
ここはね、何度も来ている好きなべニューでさぁ。
こじんまりしてるんだけど、雰囲気最高なの

入るのにものすごい列でさぁ、
Opening Bandは見逃しちゃったんだけど。
メインのThe Black Crowesはバッチリ観たぜ
042024-black crowes live2
まずは新しいアルバムからBedside Mannersで幕開け!!
いきなりオーディエンス総立ちノリノリでスタート

今回はね、結構新曲を沢山やったよ。
そして、アルバムとはまた違うライブならでわの
バンド感でジャムアレンジをいくつもの楽曲でやって
マジでかっこよかった~~~~
これがThe Black Crowesの実力だなぁ~~って、感動
042024-black crowes live3
勿論、オレが聴きたかった往年の名曲たちもやったよ。
Twice as Hard, Thorn in My Pride, Hard to Handle とか、
もうカッコいいよねぇ~~☆
そして、She Talks to Angels。
この曲が大好きでさぁ~、ライブで聴けて超最高
最後はたたみかけるようにJealous AgainとRemedy
Remedyは大好きな曲の一つでさぁ。めっちゃ懐かしいよぉ~

The Black Crowesはやはり今でも健在
もう至福の時間を過ごしました

Set List:
1. Bedside Manners
2. Rats and Clowns
3. Twice as Hard
4. Then She Said My Name
5. Black Moon Creeping
6. Cross Your Fingers
7. Wilted Rose
8. Road Runner (Bo Diddley cover)
9. Thorn in My Pride
10. Wanting and Waiting
11. Hard to Handle (Otis Redding cover)
12. She Talks to Angels
13. Dirty Cold Sun
14. No Speak No Slave
15. Jealous Again
16. Remedy
Encore:
White Light/White Heat (The Velvet Underground cover)

久々にライブ観に行ってきました!
今回は大好きなバンドTeslaの"KEEPIN' IT REAL 2024"ツアー♪

べニューは
030624 tesla-1
デトロイト・ダウンタウンにある
Motor Cityの中のSound Boardというところ。
ここはね、コンパクトでとても良いライブハウス☆

030624 tesla-2
Lady Luckでオープニング
Modern Day Cowboyへつなぎ、一気に盛り上がる
030624 tesla-3
Frank, Brian and Daveがカッコよすぎる~~
往年の名曲たちが次々と演奏されていく
    Gettin' Better, Heaven's Trail (No Way Out), Miles Away,Changes 
      030624 tesla-4
      そしてアコースティックライブも 
      Jeffのボーカルがヤバすぎるほどカッコいい~~ 
      このボーカルに虜にされたんだよねぇ~~’
      Paradise, Call It What You Want, What You Giveメチャメチャ良すぎる

      そして、オレの大好きな曲
      Song & Emotion
      Love Song
      もうこれ最高の曲に最高のパフォーマンス
      感動の嵐です

      最後はLittle Suzi、そしてアンコールはSigns
      このSignsはカバーだけど、好きな曲の一つです。

      いやぁ~~、盛り上がったわぁぁぁ~~
      やっぱライブはいいね

      セットリスト:

      Lady Luck
      Modern Day Cowboy
      The Way It Is
      Walk Away (James Gang cover)
      Gettin' Better
      Heaven's Trail (No Way Out)
      Miles Away
      Changes
      Paradise
      Love Me
      Call It What You Want
      What You Give
      Song & Emotion
      Love Song
      Little Suzi (Ph.D. cover)

      Encore:
      Signs (Five Man Electrical Band cover)

      030524 concert
      楽しい音色が聴こえてココロも弾みました♪
      フルートいいね

      久しぶりにクニ氏に誘われ、ライブを観に
      今回はね、DTE Energy Theatreでのパンクロックよ!
      野外会場だけど、パビリオン内から。良い感じの席

      Simple Planってバンドの前座でスタート。
      でも、時間的にそれには間に合わず

      で、その後の伝説のパンクロックバンドSum41から観たよぉ~
      082323 sum41 live
      The Hell Songとか盛り上がったねぇ~
      QueenのカバーのWe Will Rock Youのパンク版も楽しかった!
      Fat Lipかっこよかったねぇ
      そして〆のStill Waitingは最高だったよぉ~~
      この曲マジで好きだわぁ。

      そしてヘッドライナーの往年のパンクロックバンドOffspring
      082323 Offspring live-1
      パンクの中にもメロディアスなとことがあって
      カッコいいねぇぇぇぇ~~~~
      オープニングナンバーはCome Out and Play
      ここからもうすでに大盛り上がりだよぉぉぉ~~
      Gotta Get Awayとか、ライブで初めて観たけど、いい曲だわぁぁ~
      このベースとドラムから始まりの、
      ヘビーなギターにヴォーカルがからんでいくところがカッコいいぃぃぃ
      そしてWhy Don't You Get a Job? 合唱だよねぇ~
      Pretty Flyこれとか、名曲ね(笑)
      そしてThe Kids Aren't Alrightで疾走の〆
      082323 Offspring live-2
      アンコールも大盛り上がり
      〆はバンドの代表曲Self Esteem
      ラーラーラッララーラーラーラッララーの始まりが鳥肌立つね
      この曲は最高にかっこよかったッス

      実はね、この前日に腰を痛めてたんだけど、
      このパンクエネルギーに圧倒されて、結局ジャンプしてたわ
      いやぁ~、やっぱライブ音楽はいいね

      このライブみて、パンクもよいなぁ~~
      と改めて思う今日このごろ



      ↑このページのトップヘ